恋人募集 体験談

 

恋人募集 体験談

みなさんは現在お付き合いされている方がいますか。もし、現在お付き合いされている方がいないというのであれば、私が恋人募集をしていた時の体験談を参考にしてみて下さい。異性とお付き合いをしてみたいという気持ちは持っていても、現実はなかなか上手く行かないこともありますよね。仕事が忙しかったりすれば尚更です。しかし、仕事が忙しいとばかり言っていては、恋人はいつまで経っても出来ません。

 

そんな時には出来るだけ時間を作って積極的に行動しましょう。私が恋人募集中だった時には、仕事が忙しかったのですが、このままではいけないと思い意識して仕事を早く終わらせるようにして、異性との交流の場を持つようにしました。仕事が忙しいのは仕方ありませんが、恋人を作るという目的があれば仕事も頑張って早く終わらせることが出来ると思います。

 

私は学生時代に吹奏楽部に所属していたため、社会人の吹奏楽団に加入すれば異性との交流も生まれるのではないかと考えました。社会人の吹奏楽団というのは全国にたくさんありますので、楽器を再開しようと思っている方であれば、比較的参加しやすいものだと思います。そして私は、恋人を作るために社会人の吹奏楽団に入ることにしました。

 

楽器を再開したいという思いはずっと持っていましたし、何より年齢が近い異性と出会うキッカケになると思いました。私が加入した社会人の吹奏楽団は、比較的平均年齢が若かったため、恋人を作るためにはうってつけでした。実際に活動に参加してみて分かったのですが、吹奏楽団に加入してからお付き合いをして結婚された方も数組いらっしゃったのです。

 

楽器を吹くことはもちろん楽しいことなのですが、このように結婚までされた前例があることは、私にとって大きな後押しとなりました。活動は週2回でしたので、参加しやすいものでした。

 

まずは楽器を吹く勘を取り戻すことが大切でしたが、もちろん恋人探しを忘れたわけではありませんでした。


吹奏楽団の活動をしていく中で、私はある女性が気になるようになりました。

 

仕事の関係で活動に参加できないこともありましたが、週2回活動していることは恋人を作るためにはプラスとなりました。私が気になっていた女性とは、最初は活動のある日に挨拶をする程度でしたが、徐々に世間話をするようにもなりました。

 

少しずつ話しを重ねていく中で、彼女もその時はお付き合いをしている男性がいないということが分かりました。これはチャンスだと思いました。吹奏楽団で活動していると、自分達で様々な場所で演奏する機会がたくさんあります。

 

仕事が忙しく参加できない人も中にはいますが、定期演奏会などの大きな演奏会の時にはほぼ全員が集まります。そういった時には長い時間を一緒に過ごすわけですから、話す機会も当然多くなります。

 

徐々に吹奏楽団の活動に慣れるとともに、気になっていた女性にも積極的に声を掛けるようになっていました。そして、思い切って電話番号とメールアドレスの交換をお願いした所、彼女と電話番号とメールアドレスを交換することが出来たのです。

 

その後、少しずつメールでのやりとりをするようになり、吹奏楽の活動以外にも二人で会うようになりました。何回か一緒に遊ぶようになってから、私は彼女に告白しました。もちろん返事はOKでした。私が恋人募集中の時には、どうしても受け身になりがちだったり、仕事が忙しいと言い訳を作っていましたが、このような体験をすると自分から積極的に動くことの大切さを実感します。

 

私は決して行動力のある方ではありませんが、そんな私でも恋人を作ることが出来たのです。現在はお付き合いをしている人がいないという方も、諦めないで下さい。そして、ぜひ自分から積極的に行動してみて下さい。異性との出会いはすぐ側にあるものだと思います。

 

恋人募集


恋人探しの人気ランニング

恋人募集

メニュー

人気急上昇中!